闇月創房について

「真鍮でいろんな形を創りたい」

かつて真鍮は、建具の取っ手や、家具の金物、柱時計の歯車など、 大切な役目の割にはあまり日の目を見ることの少ない地味な存在で した。そんな縁の下の力持ちのような素材に惹かれ、もっと自由に楽しく身近なものとして形にできないだろうか?と思ったことが 創作のきっかけであり、闇月創房の始まりです。 闇月創房は、真鍮・銅をメインに、その他の金属・木材・ガラスなど さまざまな素材を操り、懐かしくて新しいモノ、頑丈で繊細なモノ、 純粋でワクワクするようなモノ創りの工房です。

1986年

真鍮と出会う。


札幌 裏参道にある銅・真鍮の手仕事の 工房「Atelier583」に入社し、デザイン・製作に携わる。

1996年

闇月創房スタート。

 独立し、「闇月創房」を立ち上げる。

2009年

たくさんの作家が集う場所で新たに。

札幌市中央区にある「space1-15」に移転。

ギャラリー・ショップを併設する。

丸井今井札幌本店・新千歳空港内ショップなどにてオリジナル商品の販売のほか、札幌市内の百貨店ギャラリー、道内のクラフトイベントにて展示会を行う。

2019年

お客様のおかげで。

現在の店舗にて10周年を迎える。